東海大学 諸岡研究室 
 TOKAI UNIVERSITY MOROOKA LABORATORY
TOP PROFESSOR MEMBER RESEARCH LINKS BBS
卒業論文テーマ
  • 2014年度
    • 細井 理史・大庭 脩平:平板とボルトからなる矩形シェルの振動実験による剛性評価
    • 宇野 俊樹:要素形状修正による矩形シェルの組み立て精度
    • 久保 寿斗:動的載荷実験用立体模型と振動台からなる構造用教材の開発
    • 趙 海源:集中荷重を受ける静的載荷実験用模型教材の開発
    • 鈴木 圭祐・黒野 俊紀:空気抵抗がフレームに与える減衰について
    • 松下 千紗:木造住宅の偏心と床剛性が建物に及ぼす影響
  • 2013年度
    • 阿部 竜也:内接円多角形スラブの最大たわみと最大曲げモーメント
    • 中村 渓人:7フレーム体育館の梁間方向振動特性と屋根面ブレース剛性ばらつきの影響
    • 白鳥 勝俊・増田 剛:アクティブ避震実験のための振動模型とその性能
    • 泉田 卓良:平板とボルトからなる曲面構造の境界辺支持による形状改善傾向
    • 脇山 洋祐:模型形状測定装置開発とその性能
    • 加藤 翔:木造住宅倒壊解析ソフトwallstatにおけるモデル化に関する考察
    • 信太 彩・櫛田 聖奈:木造住宅の壁量と偏心率が倒壊に及ぼす影響
  • 2012年度
    • 西川 愛輝:8フレーム体育館の梁間方向固有周期と負担せん断力の算定
    • 李 振鎬:アクティブ避震の提案(その1)数値解析による検証
    • 岩淵 直樹・吉原 康平:アクティブ避震の提案(その2)検証用模型とその性能
    • 竹田 公平:光学図面読み取りプログラムの開発
    • 鈴木 健太郎:平板とボルトからなる矩形シェルの部分板厚変更による模型形状改善
         (その1)野村モデルの改善と座屈耐力の算定式
    • 小林 雅明:平板とボルトからなる矩形シェルの部分板厚変更による模型形状改善(その2)曲率差最小モデル
  • 2011年度
    • 藤原 星次郎・渡邊 晃一・岸 賢人:高層建物における震度階について
    • 坂本 恭介:湘南校舎建築物の固有周期計測実験
    • 寺田 享平・前田 大・鍋島 勇佑:斜めの屋根に吊られた天井材の挙動について
    • 尾羽 晶伍:内接円四角形スラブの固定時およびピン支持時の応力算定式
    • 馬守 和秀・バドジャルガル トゥブシン・千田 岳:長方形床スラブの降伏比
    • 辻井 泰一:長方形スラブ応力設計式での応力平均幅と他形状スラブ設計式への適用
    • 今井 裕樹・須貝 英之:長方形スラブ応力設計式の余裕度と他形状スラブ設計式への適用
  • 2010年度
    • 奥田 晃太郎:多連結シザーズ型六角錐台展開構造物の可能性
    • 河野 秀和・米盛 隆志:合板を用いた組立建築物の提案
    • 釜瀧 和也・中島 和哉:竹を用いた組立建築物の提案
    • 小川 健太:より線を考慮したワイヤーの大変形性状
    • 塩澤 昂:内接円を持つ四角形スラブの周辺固定時応力算定式の提案
    • 板橋 譲・小針 裕太:損傷受けたアーチ造の振動性状に関する考察
    • 勝又 智洋・青島 和也:S1タイプ既存体育館の振動性状とAi分布
  • 2009年度
    • 鈴木 雄祐:平板とボルトからなる矩形シェルの隅角部要素寸法に関する実験的研究
    • 澤木 龍蔵:半剛節部剛性評価のための実験方法の検討
    • 原田 義久:湘南校舎H棟の振動実測と固有値解析
    • 石川 義之:湘南校舎H棟とG棟の振動性状の違い
    • 鈴木 明希:縮小模型による保有水平耐力評価に関する研究(その1)部材耐力評価と加速度発生装置の提案
    • 渡辺 拓磨:縮小模型による保有水平耐力評価に関する研究(その2)加速度発生装置の評価と模型実験
    • 百瀬友依子:屋内運動場の耐震診断データの分析(その1)資料の構成と診断結果の分析
    • 山内 悠太・染川 直哉:屋内運動場の耐震診断データの分析(その2)ブレース補強の詳細と,指摘事項の特徴
    • 高橋 純平:屋内運動場の耐震診断における建物重量のモデル化が耐震性能指標へ及ぼす影響
  • 2008年度
    • 原田 健太:空気抵抗を考慮した板の自由落下および自由振動性状
    • 中島 優:上下方向定常加振機の開発と空気抵抗を考慮した板の振動性状
    • 島崎 翔一朗:段差のある梁の応力分布性状に関する考察
    • 野村 圭介:平板とボルトからなる矩形シェルモデルの提案と耐力試験
    • 瀬戸垣内佑一:平板とボルトからなる球形シェルの要素寸法算出方法と応力解析手法に関する考察
    • 渡邉 拓:建築模型による崩壊荷重予測実験手法に関する考察
  • 2007年度
    • 橋本明直・田中浩介:平板とボルトからなる曲面生成法の提案と耐力試験結果
    • 小城正也:地震時に衝突する天井材の挙動と衝撃吸収材の提案
    • 内藤亜衣子:段差付ボイドスラブの応力評価における格子梁モデルの有効性検討(その1)中実スラブ評価
    • 藤田知子:段差付ボイドスラブの応力評価における格子梁モデルの有効性検討(その2)ボイドスラブ評価
  • 2006年度
    • 増田聡:ワイヤーによる可変構造体の変形追跡手法について
    • 堂田拓真:曲面板へのプレストレス簡易導入手法と応力度変化
    • 茂木高広:ヴォールト屋根への壁を考慮したプレストレス導入と応力度変化
    • 堀本和輝・中澤健太郎:RBSMにおける要素分割数が最大耐力値に及ぼす影響
    • 松山広樹・倉科裕:高さの異なるRC柱の水平方向最大耐力と破壊パターン
    • 古道大介:Fc値の空間的なばらつきを考慮したコンクリート柱の最大耐力性状
    • 榎本裕之介・吉原猛:RC梁の曲げモーメント−曲率関係式の導出
    • 松田峻・高橋智秀:天井材に用いられるクリップの破断・すべり実験と評価式の提案
    • 小島祐二:地震時に壁に衝突する天井材の最大衝突加速度とすべり量評価
    • 大田川滋裕:地震時の天井落下被害防止を目的とする衝突・すべり数値解析手法の検討
    • 岸山賢人:剛棒とバネからなる可変ルーフの模型実験
    • 小宅恭史:剛棒とバネからなる可変ルーフの数値解析モデルの検討
  • 2005年度
    • 津村真也:隅角部に生じる応力集中に関する考察
修士論文テーマ
  • 2013年度
    • 石川 正浩:体育館における梁間方向固有周期と各フレームの負担せん断力
    • 今井 裕樹:意匠平面図からの構造解析用データ自動抽出のための基礎的研究
    • 辻井 泰一:アクティブ避震の可能性の検討と振動台実験
  • 2012年度
    • 小川健太:建物内での震度について
  • 2010年度
    • 野村圭介:三角形スラブ応力算定式の提案
  • 2009年度
    • 内藤亜衣子:梁せいを考慮した2次元弾性解による木造の渡り欠き接合の回転剛性算出
  • 2008年度
    • 小宅恭史:空気抵抗を考慮した板の自由落下と振動性状
    • 高橋智秀:平板とボルトからなるシェルモデル制作に関する研究−ベニヤ板矩形モデルと塩ビ板球形シェル、応力解析手法−
博士論文テーマ
  • 2013年度
    • 野村圭介:等分布荷重を受ける非矩形形状スラブの変形と設計式